車検をお願いする店舗でチェックするべきお勧めポイント

2018/09/26

車検はすべての車両所有者に義務づけられており、皆さんが経験されるのですが、どうやってよい業者さんを選ぶべきなのか意外と知られていません。

 

9ba3b7729ab794805a48dd226653b6c6_s

価格だけで決めてしまうと対応が悪かったり、見積りは安いのに実際行ってみると、あれやこれや価格が上積みされて、話が違うともめたりという話を耳にします。

 

正しい業者さん選びをポイントをおさえて備えましょう。

 

まず、車検業者さんの種類をおさらいしてみましょう。

 

それぞれに特色があり、点検・整備の内容、費用、時間などに違いがあるので、メリット、デメリットを知り自分にあう種類・方法を事前に整理しておくと迷いがありません。

e0bd4a36f23050b185e59f528cbce65a_s

 

 

1.車検フランチャイズ

車検を数多く取り扱っているため、車検に関する知識、経験ともに豊富で技術にも優れています。

店舗全店が一定水準のサービスを提供し、費用も比較的リーズナブルに抑えられ、明確です。整備内容、費用、時間ともに総合的に充実していることから人気が高くなっています。

ただしお店によってはサービス内容が決まっており、それ以外のことは柔軟に対応できないお店があるので注意が必要です。

 

2.ガソリンスタンド

日常的に訪れる最も身近な場所で顔見知りの手軽さがメリットです。

チェーン店であれば内容と費用が明確ですので安心できます。スタンド特有のガソリンの割引など特典を受けられるところも散見します。24時間受付の店舗もあるので、日中は仕事で忙しいという方には助かりますね。

ほとんどのガソリンスタンドは集中車検工場で車検作業をしていますので、十分な経験と適切な資格を有する整備士も多く配置されており安心です。ガソリンを入れるついでに日常の点検・整備を依頼し、費用対効果を確認しておくのもよいですね。

 

3.ディーラー

自動車メーカーからのサポートが充実しているという点で、純正の車をあつかってもらう場合は安心、かつ、車種そのものの知識は豊富です。点検・整備の情報量が多く、修理やメンテナンスでパーツ交換が必要な場合の部品も豊富に取り揃えられています。逆に、修理すれば使える部品も交換されてしまうなど、費用が高く、融通がきかないということも耳にします。理想に走るイメージですね。質の高さと費用を低く抑えることの両立は難しいですが、見積もりの時点で不要部分を伝えるなど対策も可能です。

 

4.カー用品店

オートバックス、イエローハットなどのカー用品チェーンも車検を請負っています。普段から用品購入で訪れる機会がある方には親近感があり気軽で安心です。

全国展開のチェーン店として信用でき、必要パーツの取り寄せなどにも慣れているため素早い対応を期待することができます。

ただし、車検専門店やディーラーと比して従業員ひとりひとりの知識にばらつきがあることを散見します。普段からコミュニケーションをとってレベルや対応力をみておくことが肝要です。

 

5.整備工場

整備工場には、認証工場と指定工場の2種類があります。

認証工場では運輸支局や自動車検査登録事務所(車検場)に車両を持ち込んで検査を受けますが、指定工場では整備士が点検・整備を行い、検査員が適合性を証明して保安基準適合証を交付するので車両の持ち込みを省略することができます。

工場によって知識や技術に差があり、サービスの内容も異なってくるので事前に十分な確認が必要です。個人の整備工場は敷居が高くて近づきにくいイメージですが逆に人懐っこいキャラがうりのところもあるでしょうし、大きなお店では対応できない細かい要求に柔軟にむきあってくれるところも多いはずです。

 

6.車検代行業者

車検代行業者は車検場に車両を持ち込み、検査ラインを通すことはできますが、認証工場でも指定工場でもないので分解整備を伴う点検・整備を行うことはできません。

車両を持ち込む前の整備を何らかの方法で完了させておかなければなりません。

自分で整備できる方にとっては

費用を抑えるひとつの方法ということになります。

 

7.ユーザー車検

車両の所有者がすべて行います。まずは車検検査項目を把握し、それに合わせて愛車の状態をチェックします。当然、整備に関する知識と労力、時間を要します。しかし、費用は最も安く済みます。

 

 

次に、車検のお店選びのお勧めとして、2つのポイントをあげます。

 

9b1630612ffbce3b2821b58db4c388fb_s

 

1.とにかく早く! とにかく安く!

車両の状態を定期的に検査するのはとても大切なことですが、そのための費用は決して安くありません。

すべてを業者任せにせず、自分に合った車検を選ぶことで無駄な出費を抑えることもできます。

普段から自分で整備していて安全面であまり不安がないという方なら、車検時の整備内容を必要最低限にしたり、経年劣化による部品交換の時期を遅らせたりして費用を削減することも選択肢のひとつです。

最近は一日車検をおこなう店舗・業者さんも増えているのでチェックしておきましょう。

 

2.何より安全第一で!

運転者だけではなく家族や友人など同乗者の命まで託すことになる車です。

費用は重要なファクターですが、何よりも安全を追求すべきです。

車両整備の技能も知識もなく、普段は点検の機会がほとんどないという方なら、予め決められた検査項目の枠を超えて、あらゆる箇所を見直してもらうことで大きな安心感を得られるでしょう。

ただし、どれだけ費用をかけたとしても安全に“絶対”はありません。

最善策として、2年に1度の車検はもちろん1年に一度の法定点検や普段からの心配り、注意が最も重要です。

 

この2つを念頭にしますと、点検整備の項目内容や質が重要になります。

 

車検の点検整備を依頼する際、コストとともに、一番に重要視すべきは整備内容です。

しっかりした整備を確実に行うことによって、安全確実なカーライフを送れます。のちのトラブルが発生してかえって高くついてしまうことを耳にします。

 

車検を依頼する際には、全体の金額を考慮しながらも、整備の内容が充実したものになっているか、しっかりチェックしましょう。わからないことは何でも訊いてみることです。

 

 

最後に、店舗・業者の選び方のポイントを4つまとめてみました。

 

a5dbf1586b1eec2a229b17a9615786cd_s

 

1.経験豊富かどうか

修理を請け負った経験が多い方が良い業者です。特に、輸入車や希少な車種の場合は、構造を理解しているかどうかよく訊いてみましょう。部品や情報のネットワークを持っているかどうかもポイントです。当該の車種を取り扱った経験があるのか確かめてから依頼すると安心です。

 

2.地域密着(評判が良い)かどうか

その地域で長く経営、営業しているということは、地元の評判が良く信頼を得ている証拠といえます。

その店舗・業者さんの比較サイトのユーザーレビューを見たり実際にうかがって肌で評判を体験すると安心です。

 

3.見積りがわかりやすいかどうか

見積りの明細を見て、作業にかかる工程と費用が細かく記載してある業者は安心です。わからない部分を質問してみましょう。わかりやすい言葉で丁寧に説明してくれれば〇です。

専門用語を並べて誤魔化すようならば×です。

 

4.相談しやすいかどうか

車検に限らずですが、相性は大事ですね。

車に詳しくないユーザーに対してわかりやすい言葉で、どうしてこうなったのか、どういった作業をするのかを丁寧に詳しく説明してくれると、信頼できる業者であると感じますね。

今回の車検に関することだけではなく、車に関するいろいろなことをむしろ嬉しそうにアドバイスしてくれると気持ちよくなります。

質問しやすい店舗・業者さんは長く付き合っていけますね。

 

しっかりした車検の店舗・業者さんを選び、しっかり整備してもらい、健全で楽しいカーライフを送りましょう。

 

 

 

お問合せはお気軽に!

 

お名前必須
メールアドレス必須
お電話番号
来店希望日時
車名必須
年式
車輌重量
走行距離
車検満了日
コメント
画像添付

※お車の状態などで事前におしらせすることがありましたら、画像もお送りください。

参照...

参照...

参照...

リセット